>
納車までの流れ
まずは 「サイジング」 ⇔大切な Best Fit SIZEを決めます。 〜から始まります(骨格寸法!?)

同じ身長だと思っても 胴や下肢 各部のつくり、柔軟性、は十人十色

あなたの身長、手足&各部 の長さから、

サドルの高さ、座る前後位置、ハンドルまでの遠さ や幅など、

あなたの体にとって 最適な位置関係を見定めます。

どんなイメージで乗りたいですか? 将来の夢もお尋ねします。

それが ひざや腰、首に負担ない mm単位の 乗車ポジションを探し出します。 

全ては「今のあなた」が 快適で故障なく 素敵なサイクリングLIFEをおくるために。

■身体のサイズを採寸

  フルオーダーする時は
いろいろな部分の寸法を採寸します。
身長、股下

肩幅、腕の長さ

 下肢の内訳もチェック。
足のサイズ ひざ下、ひざ上、〜腰骨


ひざからペダルの軸〜足先端へ来るように。
エンジンマウント位置がおおよそ決まります。
エンジンマウントになる サドルの前後位置を検証。
※ジャンル種目によりポイントは多少変わります。

エンジンマウントがおおよそ決まったら
前半のポジション探し。
その人その人によってだいぶ違います。
ハンドル、ステムの出具合、
将来の事も考えながら→適正トップチューブ長を決めます。

サドルの高さと ハンドルバーの高さをチェック
乗り初めの方?スポーツサイクル姿勢になれてない方は平行、少し高め、
バーは近めから始めましょう!

○おなかは立てる様に
 腹式呼吸が妨げられてしまいます。
○腰はどっしり?座る。しっかり力が入ります。
↓腰が前に逃げてるとバランスが取りにくく
 姿勢維持が難しくなり パフォーマンス維持も大変になってしまう。

ブレーキレバーを少し上に 取り付ける事で
もっとリラックスした姿勢になります。

Page Back >>